【将棋】穴熊党

現代に至り、トッププロ棋士のレベルを超えているコンピュータ。コンピュータである「ポナンザ」が愛用する【銀冠穴熊】をご紹介します。【銀冠穴熊】を指しこなし、勝率をあげよう!

【将棋】中飛車破り 先手一直線穴熊 △6二銀型

盤上の将棋倒し

 

こんにちは。Twitterで「マッキー」というものです。(@shougioden)

 

居飛車側が穴熊を指している時、中飛車穴熊に「△6二銀」と固められるとどう攻めれば良いのか迷いますよね。

 

そんな、△6二銀型にも対応できる方法を「中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド」を参考にして記事を書いていきます。

 

今回は、「一直線穴熊 対△6二銀型の対策」をご紹介します。

 

 

【目次】

  

 

 

6二銀型

【第1図は△5三銀まで】

 

 

 

【第2図は△6二銀まで】

 

第1図以下の指し手

▲5九銀 △6二銀 (第2図)

 

6二銀型

△5三銀の継続手として△6四銀ではなく、△6二銀と引く手をご紹介します。

この指し手は中飛車にとって優秀な作戦で、プロの公式戦でも現れています。

△6二銀型のメリット:さばき合いになった時、自玉が堅い。

 

 

 

【第3図は△5四飛まで】

 

第2図以下の指し手

▲3六歩 △5四飛 (第3図)

 

重要な▲3六歩

もし、▲3六歩の代わりに▲6八銀右としてしまうと、△3五歩▲2六飛△5四飛(参考図)で先手から動きづらくなり、早くも不満です。

 

 

【参考図は△5四飛まで】

 

 

 

【第4図は▲6八銀まで】

 

第3図以下の指し手

▲1六歩 △6四歩 ▲4六歩 △7四歩 ▲6八銀右 △7三銀左 ▲8八銀 △5二金 ▲7九銀右 △6二金寄 ▲4五歩 (第4図)

 

手堅い▲1六歩

安全に駒組みを進める手。それは▲1六歩です。

その手に対し、△4四飛には▲2七飛で△1五角を防いでいます。

流石に後手は仕掛けることができないので、囲いの進展を目指してきます。

▲4五歩のメリット:△4四飛を消している。

Q:▲4五歩の代わりに▲5九角と角の転換をはかると?

A:△4四飛▲3七角(参考図)と角の自由が奪われてしまいます。

 

【参考図は▲3七角まで】

 

 

 

【第5図は▲3七角まで】

 

第4図以下の指し手

△7二金寄 ▲5九角 △1四歩 ▲3七角 (第5図)

 

攻めの形

△7二金寄には▲5九角〜▲3七角と角を転換するのが本筋です。

黙っていると▲1五角があるので、△1四歩と受けますが、これで、お互い端歩を付き合ったのでプラスマイナスゼロです。

 

 

 

【第6図は△4四歩まで】

 

第5図以下の指し手

△5一角 ▲4六角 △4四歩 (第6図)

 

先受けの手筋△5一角

△5一角に対して、▲2四歩、△同歩、▲4六角、△5二飛、▲2四角、△2二飛、▲2五歩、△6二角(参考図)となってうまく攻めをかわされてしまいます。

 

【参考図は△6二角まで】

 

よって先手は単に▲4六角と出ます。後手は△4四歩と反発し、激しい戦いとなります。

 

 

 

【第7図は1一角成まで】

 

第6図以下の指し手

▲4四同歩 △同飛 ▲5五角 △4九飛成 ▲1一角成

 

難しい形勢

先手は「飛車」、後手は「角」を使えていません。

先手メリット:桂・香と駒得ができる。

仮に△3三桂と逃げても、▲5六香から5一の角を狙えば良いです。

 後手のメリット:△5八歩から「と金攻め」や△3九龍で、飛車をいじめる手があります。

 ➡お互い指したい手があり、難しい形勢

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「【将棋】中飛車破り 先手一直線穴熊 △6二銀型」についてご紹介しました。

 

これで、△6二銀型の対策の基本はバッチリですね。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。