【将棋】穴熊党

現代に至り、トッププロ棋士のレベルを超えているコンピュータ。コンピュータである「ポナンザ」が愛用する【銀冠穴熊】をご紹介します。【銀冠穴熊】を指しこなし、勝率をあげよう!

【将棋】対振り銀冠穴熊 対四間飛車 ▲4八玉+▲5八金型(パイレーツオブカリビアン)(Part1)

こんにちは。Twitterで「マッキー」というものです。( @shougioden )

 

居飛車が「銀冠穴熊」を指していると、「▲4八玉型+▲5八金型」(パイレーツ戦法)という形を指されたことがあります。

「▲4八玉型+▲5八金型」という形は、「銀冠穴熊」の対策の1つです。(第1図)

居飛車が「銀冠穴熊」に囲い切る前に玉頭で戦いを起こそう』という作戦であると考えられます。

 

【第1図は△8五歩まで】

 

 

まだ「パイレーツ戦法」は広まってはいませんが、

いざ、「パイレーツ戦法」が広まった時、「パイレーツ戦法」の対策を知っておくと、こころ強いですよね。

 

今回は「対振り銀冠穴熊 対四間飛車 ▲4八玉型+▲5八金型」に対応できる考え方を身につける方法をご紹介します。

 

【目次】

 

 

 貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

 

はじめに

まず、記事を読んでいただいている皆さんにお伝えしたいことがあります。

「ソフトの将棋ブラウザQのボナンザ」を利用して、記事にしていこうと試みてみましたが、ソフトがうまく起動しなくてできませんでした。(機械に最近触れ始めましたので、私が機械オンチだからです)

だから、皆さんもお馴染み。「ピヨ将棋」棋譜を検討していきます。

 

次に、お伝えしたいこと。

「パイレーツ戦法」の棋譜を手に入れることができたのは、Twitterの「あべしん」さんが私に棋譜を提供していただいたおかげです。

 ここで、勝手ながら参考にさせていただいた「あべしん」さんのツイートを載せておきます。

「あべしん」さん、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

  

では早速、「▲4八玉+▲5八金型」(パイレーツ戦法)を検討していきます。

 

 

 

4八玉+▲5八金型

【第2図は△3一玉まで】

 

上の第2図から手順を進めていきます。

 

 

【第3図は△8五歩まで】

 第2図以下の指し手

▲3六歩、△2四歩、▲3七桂、△2三銀、▲4七金、△3二金、▲7七角、△4四角、▲5八金、△8五歩

 

 銀冠穴熊対策5八金

居飛車は「銀冠」の形を完成させることができました。一方で、振り飛車は「▲4八玉+▲5八金型」で「銀冠穴熊」に対抗する作戦をとってきました。

「▲4八玉+▲5八金型」の狙いは、飛車を下段に落としてから、2筋に飛車を転換することで、銀冠穴熊の銀王頭を狙って攻めることです。

しかし、今回は、▲4七金を厚みに使って、厚みで戦う方法を取っていました。

 

 

 

【第4図は△6五金まで】

 

 第3図以下の指し手

▲5六金、△7四歩、▲4七銀、△7二飛、▲7八飛、△7二飛、▲9六歩、△9四歩、▲7九飛、△7五歩、▲同歩、△同飛、▲6五金

 

 5六金の有無

▲5六金は成立しているのでしょうか。ピヨ将棋によると、▲5六金は悪手だそうです(参考図1)。

本譜では居飛車は7筋から歩を交換しに行きました。

しかし、参考図1より、ピヨ将棋のAIは、居飛車が玉を固めていくことをオススメしています。

 

 【参考図1】

 f:id:shougioden:20170814154923p:plain

 

 

 

【第5図は▲3五歩まで】 

  

 

 第4図以下の指し手

△7二飛、▲7四歩、△6四歩、▲7五金、△6三金、▲6八角、△2二玉、▲5六歩、△6五歩、▲同金、△6四銀、▲同金、△同金、▲4五歩、△3三角、▲3五歩

 

 

7筋の戦いは望むところ

7筋で戦いが起こりました。

しかし、これは居飛車側が望む展開でした。

居飛車の玉は3筋にいる一方で、振り飛車の玉は4筋にいます。

「玉の遠さ」という視点で形勢を判断すると、居飛車が望む展開だと考えられます。

 

【参考図2】

 f:id:shougioden:20170814160806p:plain

 

 

 

 【第6図は△8八角まで】

第5図以下の指し手

△同歩、▲同角、△6五歩、▲5三角成、△6六歩、▲7六銀、△7五歩、▲3四歩、△4二角、▲同馬、△同金、▲4六角、△5五金、▲同歩、△同金、▲同角、△同歩、▲7五銀、△8八角

 

互角の展開 

先手は金2枚、銀2枚で後手は角2枚の交換となり、先手が駒得をしています。

しかし、△8八角により、香車を手に入れることができるのでまだまだこれからの戦いになります。

 

【参考図3】

 f:id:shougioden:20170814155120p:plain

 

 

 

 まとめ

 いかがでしたか?

 

今回は「対四間飛車 ▲4八玉+▲5八金型(パイレーツオブカリビアン)(Part1)」についてご紹介しました。

 

ピヨ将棋によると、▲5六金と厚みで押していく展開には、居飛車側は囲いを進展していくだけで良くなります。

もし振り飛車側が厚みを形成してきた時は、居飛車は「自陣の玉」の進展を目指しましょう。

「対四間飛車 ▲4八玉+▲5八金型(パイレーツオブカリビアン)」の構えから、厚みを形成してくる手(▲5六金)に対しては、自陣の進展を目指せば良いということを覚えておくだけで対策はバッチリですね。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 次回は、「対四間飛車 ▲4八玉+▲5八金型+▲2九飛」をご紹介したいと思います。

 

 

 

参考棋譜

 * ----  ぴよ将棋 棋譜ファイル  ----

棋戦:

開始日時:2017/07/31 08:18:01

終了日時:2017/07/31 08:22:34

手合割:平手

先手:振り飛車四間飛車 ▲4八玉+▲5八金型】

後手:居飛車 【銀冠穴熊

▲7六歩    △8四歩    ▲7八銀    △3四歩    ▲6六歩    △6二銀    

▲6八飛    △4二玉    ▲3八銀    △5四歩    ▲1六歩    △1四歩    

▲5八金左  △5二金右  ▲4八玉    △3二銀    ▲6七銀    △5三銀    

▲4六歩    △3一玉    ▲3六歩    △2四歩    ▲3七桂    △2三銀    

▲4七金    △3二金    ▲7七角    △4四角    ▲5八金    △8五歩    

▲5六金    △7四歩    ▲4七銀    △7二飛    ▲7八飛    △1二香    

▲9六歩    △9四歩    ▲7九飛    △7五歩    ▲同歩      △同飛      

▲6五金    △7二飛    ▲7四歩打  △6四歩    ▲7五金    △6三金    

▲6八角    △2二玉    ▲5六歩    △6五歩    ▲同金      △6四銀    

▲同金      △同金      ▲4五歩    △3三角    ▲3五歩    △同歩      

▲同角      △6五歩打  ▲5三角成  △6六歩    ▲7六銀    △7五歩打  

▲3四歩打  △4二角    ▲同馬      △同金      ▲4六角打  △5五金打  

▲同歩      △同金      ▲同角      △同歩      ▲7五銀    △8八角打  

▲2九飛    △9九角成  ▲2六歩    △3六歩打  ▲4六金打  △3七歩成  

▲同玉      △5四桂打  ▲3五金    △6七歩成  ▲同金      △3二香打  

▲2五歩    △3四香    ▲3六銀打  △3五香    ▲同銀      △3六歩打  

▲同銀      △3四歩打  ▲2四歩    △3二銀    ▲3四銀    △4六金打  

▲4八玉    △3六金    ▲2三歩成  △3一玉    ▲2二金打  △4一玉    

▲3二と    △5一玉    ▲4二と    △同飛      ▲5三銀打  △4七銀打  

▲4九玉    △3八角打  ▲5九玉    △2九角成  ▲4二銀成  △6一玉    

▲6三飛打  △投了      

まで121手で先手の勝ち